通奏低音で意識高揚「小沢強制起訴」って当然でしょ

2011年02月01日

「喫煙=悪」にまで変化しつつある

1c1c4b28.jpg日本人ってのは不思議な民族で、意見って言うのが大きな声に、あっという間に集約される傾向があります。それと同時に、議論ってのが長続きしない。「みんな」とか「常識」って言われると、根拠がなくても納得しちゃう民族です。

それの最たるものが喫煙。ついこの間まで「路上喫煙は自由」なんて当たり前のことだったのに、今や路上禁煙が常識になって来ました。

飛行機だって新幹線だって喫煙席なんてありませんし、ホームや搭乗口等の喫煙所も、以前は灰皿が置いてあるだけだったのが、ガラス張りの収容所みたいになり、喫煙者が見世物というかさらし者みたいにされてます。

事務所や自宅の近所でも、着実に禁煙の飲食店が増えてます。おかげで分煙の店でも「たばこくさいなあ」と思うようになりました。私が吸わないからかも知れませんが、今や喫煙可能なお店でも、喫煙者が店の外に出て喫煙するのも多く見掛けます。

先日の福岡では屋台で飲んでるのに、私の同行者が喫煙してたら、後からやって来たカップルに、露骨にイヤそうな顔されちゃいました。

最近では「喫煙者労働可能部署リスト」なんてのを作成して喫煙者をそこに密かに集めたり、「喫煙者不採用」なんて企業まで出て来ています。トラックやタクシー運転手でも「運転中禁煙」や「業務時間内禁煙」って激増中です。

業務時間内禁煙なんて、自動車や家電メーカーの工場では常識だし、コールセンター等でも当たり前。百貨店やスーパーの店員が、売り場で喫煙してるのなんて、見た事ないですもんね。でも最近は、そのレベルが「喫煙=悪」にまで発展してます。

本来は喫煙者と非喫煙者は共存すべきもの。昔は非喫煙者が我慢して共存が成立していたとしても、これからを考えた時に、双方が共存できるラインってのがあるべきと思うのですが、今は一方的に喫煙者が不利な方向へと世の中が流れています。

本当は「吸う人と吸わない人の共存ルールを作成しよう!」って喫煙者が言いだすべきだと思うのですが、なんで喫煙者やたばこ農家は急に静かになっちゃったんでしょう。昔は「喫煙権」なんて言ってたんですが、今や何も言わない喫煙者と、言いたい放題の非喫煙者を見ながら「変わった国だなあ」と思っている次第です。

gq1023 at 08:36
通奏低音で意識高揚「小沢強制起訴」って当然でしょ