経営者セミナー学歴

2010年12月29日

門松の設置日

7c3706e4.jpg「門松は29日に設置してください」とある商業施設から気軽に言われました。だけど、私は断りました。理由は「29は二重苦」だからです。しかも今年は仏滅です。二重苦の仏滅の設置はダメなんです。30日または31日の設置も一夜飾りと言われて敬遠されます。

今年はクリスマス連休前の24日金曜日が大安でしたから、特例中の特例で30日大安の設置っていうのが多いのですが、これも分かってやってるのかどうか、怪しいもんです。

商売って大変なもんですよ。神頼みだって何だってやって行かなきゃダメでしょ。だったら、せっかくお金を使う以上は、しきたりや風習を守った方がいい。そんなの関係ないって言われる方もいるでしょうが、それだったら門松自体がいらないって話しですからねえ。

門松がお金を稼いでくれるわけじゃない。門松に神々が寄って来るのです。トゲトゲを目印に神々が集まってくるのです。だったら、当然のことながら神様が集まりそうな日に設置するべきでしょ。

こんなの、商売人なら必死に学んでほしいのですが、商業施設の管理会社は単なる正月飾りと思っちゃってるんでしょうねえ。情けない話しです。昔は不動産業の皆さんだって、神々のことや風水のプロでしたけどねえ。は~あ…。

gq1023 at 08:58
経営者セミナー学歴