缶みそ汁JR西日本・舞子駅での事故

2010年12月26日

ST600って入門クラスなの???

st街乗り用の旧型のCBR600RRに乗ってる取引先がいて、年末の挨拶に会社まで乗って来られたので、近くの駐車場でちょっと乗りました。

そしたら、ちょっとアクセル開けただけで、吹っ飛ばされそうになっちゃった。股間直撃の事態でしたが、幸いにも転倒はしませんでした。

それにしても、パワーありすぎなんですよ。だって免許で言うなら限定解除ですからね。大型免許が必要なわけですよ。そりゃパワフルなわけです。ちょっと前の750ccよりパワフルですよ。

ただね、今のロードレースのカテゴリー分けだと、J-GP3の次は600になっちゃう。最高速が200km/hから260km/hぐらいまで上がっちゃいます。レースやってる人達だって、中型免許までしか持ってない人が多いのに、いきなり600に乗らなきゃいけません。

国際ライセンス持ったら、もういきなり600ってのは、ちょっと酷な気がするのですが、国際ライセンスでも乗れる、もう少し遅いクラスってできませんかねえ。

なかなか、家庭で「600のレースコンプリート買って遊ぼうかなー」なんて言う勇気のある人いませんよねえ。ましてや、何十年もレースなんてやってなかった人が、突然言うには相当勇気がいるし、スポーツ走行に行っても、回りのスピードを見たら、もちろんビビります。コースインできないっすよ。

NSF100じゃなくて、国際ライセンスでも乗れるフルサイズの速くて楽しいバイクの登場を、期待してます。

gq1023 at 05:34│ バイクレース(含む8耐) 

この記事へのコメント

1. Posted by TANAKA   2010年12月26日 21:51
500ccのV-Twinがあるといいと以前から思っています。
もう10年も前です。
メーカーなど関係各位に働きかけて欲しくて、当時の上司(故人)に打ち上げましたが、「そんなもの造る金、誰が持ってんだ?」で終わってしまいました。
あ、大野さんの思想だと、自分で行動しない私が悪いですかね。
それも確かに。

同じく“あるべき
だ!”と考えていた250ccは近い将来、発売になるようですね。

要するに、業界は幻想や過去の輝きに戻りたがっているだけで、マクロ的な現実的な環境を理解していないように感じます。
それらも、業界を去った理由の一つです。
ま、負け犬に変わりはないですけどね。
長々失礼しました。
2. Posted by たくぽん   2010年12月26日 23:13
そうですね・・・街乗りでも、125の超えたらイキナリ600って事ですからね・・・」昔みたいに250や400ってのがあれば良いんですけどね、
今のバイク小さいのかデカイの・・・両極端過ぎると思います・・・個人的に・・・もっぺん、250に乗りたいですね
3. Posted by Hippo   2010年12月27日 06:56
> TANAKAさん

バイクブームの末端にいた当事者達も40~50歳となり、資金的には自由になるお金を持つ層も一定数以上いるのですが、いざバイクに乗ろうと思うと売ってない。

入門用と言われる600に目を向けても、いきなり100万円オーバーで、自分の感覚とは2倍以上も開きがある。

「ちょっとレースでもやってみようかな」なんて思っても、NSF100の次がST600。「えーSPクラスが今や600っすかー!」ってことですよ。そんなの走れない。

業界全体で言えば、50ccヘルメット義務化の時に、いわゆる原付を124ccまでに一本化して、自動車免許で乗れるようにすべきでしたねえ。

日本のレースは、世界とは全く違うものになっちゃいました。だったら免許制度に合致した400ccまでの楽しいバイクと、楽しいレースを用意して欲しいなあと思ってます。
4. Posted by Hippo   2010年12月27日 07:17
> たくぽんさん

中型免許保持者が多いんですから、400までが基本線。
それで、250までは車検がないんだから、私のようなオッサンが家庭を持ちながらバイクも持つなら250って線になるのに、売ってないから乗れないんですよ。

100万円オーバーの600って無理っすよ。嫁さんに言い出せない。

じつはR1買ったこともあったんですが、都心の街中では全く無用の長物でした。足届かないし速すぎる。しかも値段が高すぎる。

来年出て来るCBR250Rに期待してます。
缶みそ汁JR西日本・舞子駅での事故