関西から帰ってくると思うことビルってどうして…

2010年12月25日

石橋を叩いて叩いて叩き壊せ!

67a5c318.jpgそば屋をやっているとして1杯250円の粗利と仮定します。1日の営業時間を8時間とすると、平均4分に1人は新しいお客さんが来店したとしても、1日の利益は3万円。ほぼ倍の2.4分に1人来店でも、せいぜい5万円にしかなりません。

こんなもんで、人を雇ってたら店なんてやっていけない。しかし仕込みの時間を考えると、昼の部が11時半オープンの14時まで、夜が18時オープンの23時半までってのが現実的。だって営業時間以外に仕込みや片づけが毎日3時間は必要ですからね。

1か月に25日営業して、4分に1人来店なら月の粗利が75万円。2.4分に1人来店なら125万円です。家賃払ってアルバイトのお金払ったら残りませんよね。

でも、お酒を置いて居酒屋形式にして、夜中心の営業に切り替えたら、そばの客と居酒屋客の両方が取り込める。17時オープンの翌日1時までの営業にして、1人あたりの粗利を1,000円まで引き上げれば、6分に1人の来店でも1日の利益が8万円。月の粗利は200万円にまで増えます。

有名な日本酒&焼酎をずらっと並べて、そば粉にウンチクを込めた上で、麺つゆは3種類。カツオだし・イリコだし・塩だしで、塩は石垣島の島マースを使用。「お酒の締めに"3種のだしで味わう盛りセイロをどうぞ"」なんて形でやれば、さらに利益が確保できるわけです。

商売は簡単なもんじゃないんです。考えに考えた上でさらに考え抜かないと答えは出ない。石橋を叩いて叩いて叩き壊すぐらいの熟慮と熟考が必要です。

でも、最後は「己の勘と運を信じる」ってことだけなんです。どの経営者だってそう。どっかから商売の神が降りて来て「これだ!」って思わせてくれるのです。

日ごろから「石橋を叩いて叩いて叩き壊す」ぐらい仕事のことを考えてますか?それができないと、ビジネス勘なんて養われないんだと思ってます。

gq1023 at 06:15│
関西から帰ってくると思うことビルってどうして…