朝鮮戦争明大ラグビー部元監督「北島忠治」先生

2010年11月24日

超高性能ラジコン=無人爆撃機

80cb4a3f.jpgこの写真、上は中国が珠海の航空宇宙博覧会で先日公開した無人爆撃機です。その数たるや、無人攻撃関連機だけで25機。この技術で、圧倒的に世界のリーダーだと自負していたアメリカとイスラエルは、かなり驚いたようです。

これ、簡単に言えばラジコンでして、エンジンがジェットエンジンで、ミサイルや爆弾が搭載できる点が違うぐらいです。

でですねえ、実は日本ってのはラジコン大国でして、ラジコンの最新技術は日本企業が持っているのです。だからアメリカは圧力を掛けやすかった。「この技術を軍事転用したらダメよ!」って言っておくだけで良かったのです。

だけど、中国は日本で買って分解して、同じものを製造しちゃう。もっといい物も製造しちゃう。軍事技術なら「特許」なんてバカみたいなことも言われない。しかもお金を取っぱぐれることもない。じゃあ、どんどんパクっちゃえってことです。

下の写真はアメリカの無人爆撃機です。「おー!おんなじだー!」って感じでしょ。航空力学的には、羽根の位置が違うし、垂直尾翼の位置も大きく違っていて、全く違うのですが、まあ全体の印象は似てます。

こんなのが、プーンと飛んで来て、ポンと爆弾投下して行くのです。

まあ、世界には、この動画のように巨大なラジコン動かしている人もたくさんいるようですから、日本もアメリカの圧力に負けず、実物大F-15とかラジコンで飛ばしてもらいたいもんです。

なお、ジェットエンジン付きラジコン飛行機の場合、エンジン1台が30万円以上、ECUで燃調を制御して、データロガーでエンジンのログも記録できます。消耗品は使用時間で清掃&交換が必要です。バイクレースみたいでしょ。


gq1023 at 06:45│
朝鮮戦争明大ラグビー部元監督「北島忠治」先生