有名サーキットに就職するって意味2今さら成田空港がドタバタと

2010年11月21日

有名サーキットに就職するって意味3

41abf8f6.jpg現在トヨタ・ホンダの成長戦略において、重要視されているのはアジアです。そのアジア各国ではモータースポーツ熱が非常に盛り上がっています。

サーキットはその象徴であり、各国の従業員達にとって、日本研修でのサーキット訪問は、本当に大きなモチベーション向上の機会となっています。

「富士を見て私達レクサスの進む道が壮大なものであることを実感した」
「鈴鹿は私達ホンダの聖地であり、そこに来られたことに感謝したい」

各国に、こんな素晴らしい言葉を言ってくれるメーカーの人々がいる。だからこそ、彼らに憧れる人々や、モータースポーツに参加している人々も、日本のサーキットに対する憧れを次々と口にしています。

「世界への道として、まず日本に挑戦したい。それが私の夢の第一歩です。」

涙が出て来ますよね。アジア各国の選手にとっての夢は、まず日本なのです。

その夢を実現させられるのは、実際のサーキットの人々です。タイのサーキットと日本のサーキットで話し合って、双方のチャンピオンをお互いのレースに参加させる。そんなことができるのは、現場でのコミュニケーションです。

その中でも、世界的に名前の知られたサーキットは強い権限を持ちます。鈴鹿や富士の人々からのコミュニケーション提案なら、アジア各国サーキットは大歓迎です。その実績を見せれば、親会社だって意識を新たにするはずです。

有名サーキットにいる人々は、そんなダイナミックなことができる立場にいるってことを、いつもうらやまく感じてます。

私がそれらサーキットに就職してたら、上海・シンガポール・韓国のサーキットには有給休暇で遊びに行って、何か接触しちゃって、勝手に地方選で交流戦をはじめちゃうのになーなんてことも思ってます。

「夢があれば未来は開ける。でも多くの仲間や強い組織があれば、その夢はもっと大きく開く。」それが、有名サーキットに就職したいと思っている人々に贈る言葉です。ガンバレ就職活動!

gq1023 at 08:45│
有名サーキットに就職するって意味2今さら成田空港がドタバタと