有名サーキットに就職するって意味1有名サーキットに就職するって意味3

2010年11月21日

有名サーキットに就職するって意味2

ここに書かれていることは、あくまで勝手な憶測だけで書いてます。

その昔、三菱地所という丸の内一帯を持っている会社が持っていた富士スピードウェイ。御殿場JCからの「暴走族が集まるだけなので廃止を!」との呼び掛けに応じ、1982年にはゴルフ場への転用を基本としたリニューアル計画が構築されました。

ところが、レース関係者が反発。しかもバブルも崩壊してリニューアル計画はお預けとなり、塩漬けのまま「レースもできる土地」として置かれていました。

ところが2000年。急にトヨタが買うと言うのです。塩漬けの土地は利益を生む土地に変わり、そこに働く人々は「三菱地所グループの一員」から「トヨタグループの一員」となったのです。おー、日本を代表する企業から世界を代表する企業へですよ。

そしてトヨタから大規模に人材投入がおこなわれ、トヨタ交通安全センターやレクサスカレッジが建設され、コースも大規模リニューアルが図られました。

さらに2006年に鈴鹿でもF1日本GP開催契約が切れることを知って開催権を取得。2007年にF1が開催されたのですが、ここまでやって来てばれたんです。元々サーキットにいた人々は、大きな工事も大きなレースも仕切れない人だったことが。

このF1開催は滅茶苦茶でした。興行的に大赤字となっただけでなく、チケット代金の返還も発生し、さらに損害賠償請求まで発生したのです。その後2008年でF1開催から撤退。約4年間はただひたすら悪者探しに徹しています。

そんなの全日本ロードレース選手権もやってないサーキットで、何がF1だっちゅーねんって感じですよ。日本の名だたるビッグレースを全部開催してこそ、モータースポーツを語れるんじゃねーのって、自動車評論家ですら言ってました。

サーキットの命運は買収された当初から現在に至るまでトヨタにあります。全員が一丸となってトヨタを見て、トヨタに気に入られるような書類を作成するってのが仕事だと思ってるわけです。しかし、親会社の方針は徹底してエコです。

社員達には、首都圏に隣接するサーキット群として「富士・つくば・もてぎ」の3サーキットで何かを考えるなんてこともやらない。いや、やる方法すら思いつかないってのが、現実なんだろうって、勝手に想像しております。

gq1023 at 08:17│
有名サーキットに就職するって意味1有名サーキットに就職するって意味3