大臣は「何で辞めないのか!?」「何で辞めるのか!?」有名サーキットに就職するって意味2

2010年11月21日

有名サーキットに就職するって意味1

9097035a.jpg決して、ここに書く事が全員を指しているのではありません。でも、それも事実っていう一つの仮設に基づいた側面的な話しです。

例えば私が鈴鹿市内の高校に通っていて、卒業後は就職を考えていたら、ホンダってのは第一候補に上がるほど大きな存在です。そこがダメでも、グループ企業ならホンダ開発でもホンダロジスティクスでも何でも良いわけです。

そこに、ホテルや遊園地を営むグループ会社があって、そこに就職できるとしたら、もちろん喜びますよね。そのホテルは街を代表するホテルでもあるわけです。プール付き遊園地も地域最大のものです。いい話しですよね。

ただそこにはサーキットもある。大きな組織ですから、人事によってはレース関連部門で働かなきゃいけない可能性もある組織です。そこだけが課題ですよね。

では逆に、レースが大好きな人がいて、サーキットへの就職を考えた時、ホンダグループの日本で最も有名なサーキットに就職できるなら最高の話しですよね。でもそこには、ホテルや遊園地があって、その担当になるかも知れません。悩ましいでしょ。

さらに、両方の意識を持つ人々が仮に就職しても、組織の上部にはホンダから送り込まれた人がやってきます。

世界企業の一員としてアメリカでGM等と戦い、タイやベトナムで飛躍的に事業拡大させた当事者が、最後のご奉公や寄り道のようにやって来ます。送り込まれた当人にしたら「残念」以外の何ものでもないでしょう。

そこで働いてる人々が「ホンダグループならどこでも良い」って人と「レースが大好き」って人だと、大企業で経営の中枢にいた人の目で見ると、「なんだよコレ」って感じに映るかもしれません。

しかも親会社は会社を上げて「エコ」って言ってます。至急サーキット全体をエコをテーマに大変身させなければ、グループ全体にとって、存在自体がマイナスになる可能性があります。排気ガスとムダの象徴と見られ兼ねないものなわけです。

そして、目の前にはレース参加者&観戦者の激減&損益悪化という数値的データが一覧になっていて、とにかく売上&利益向上が喫緊の課題です。

そして皆で鈴鹿と茂木って小さなエリアの活性化を、日夜話し合うわけです。
「鈴鹿があるのに茂木なんか造るからだよ!」
「鈴鹿がスタンド改修したから大借金だぜ!」
「ちぇっ。こんな小さな話しかよ、親会社に帰りたいなあ。」

こんな感じでしょうか?
いやー、こりゃ大変だ!って勝手に想像しております。

gq1023 at 07:32
大臣は「何で辞めないのか!?」「何で辞めるのか!?」有名サーキットに就職するって意味2