スカイマークがストップ高やっぱり大阪の人は歩くのが速い!

2010年11月16日

択捉島

ed24b367.jpg択捉島(えとろふとう)をグーグルマップで見てみました。赤の部分が今使用されているブレヴェスニク空港です。旧日本陸軍の天寧飛行場で、真珠湾攻撃の際に帝国海軍が集合したと言われる単冠湾は、この空港の目の前です。この写真には一部しか出てませんが、よーく見ると、海軍飛行場跡が北側にうっすらと見えます。

昔はミグ戦闘機が択捉島にいたらしいのですが、今のブレヴェスニク空港はとても離発着できるような雰囲気には見えません。まあ、樺太の基地からカバーできるエリアですから関係ないと言えば関係ないですからね。

黄色の部分は使われていない旧日本軍の蘂取飛行場跡です。こちらは、全く使われていないので、いわゆる廃墟です。

択捉島で一番大きな街はロシアの呼び名ではクリリスクと呼ばれる紗那で、ここには旧日本軍の紗那飛行場があったのですが、今郊外に新しい国際空港の整備がおこなわれています。滑走路は1,500mと言われていましたが2,500m級となり、大型機も離発着できることになりました。また、港も大型船が着岸できるバースの建設が進んでいます。

国後島でも空港の拡張工事が行われていて、長い間放置されて来た北方領土に対し、ここ数年ロシア政府が大規模投資をはじめています。

この島は、活火山だらけです。人が居住できるエリアは限られていて、その昔は廃墟のような建物に、荒れ果てて信号すらない道路に、病院も公民館もなく人が暮らしている島だったのですが、ここ数年で劇的に変化しています。

なぜか?じつは、現在のメドジェーネフ大統領が北方領土開発に予算を割いているのです。いつまでたっても解決しない北方領土問題を理由に投資を止めていても、島民の生活が苦しくなるばかりだったからです。

プレハブのムネオ診療所にかわり、入院ができる市民病院も建設されました。新空港が完成すれば、最新鋭のミグ戦闘機も配備されるでしょう。どんなストーリーで、日本政府はこの島を返還させようとしているのか、ちょいと疑問に思っております。

日本固有の領土に、ロシア大統領が大規模投資をしていて、大統領自らが視察までやっているというのに、静観(=放置)で大丈夫なんでしょうか?さっぱり理解できない私なのでした。

gq1023 at 03:32
スカイマークがストップ高やっぱり大阪の人は歩くのが速い!