中込空くんを救う会体調は戻りつつあるのですが…

2010年10月25日

記念すべき韓国でのF1初開催は華々しく終了!

f1外野は「工事が間に合わない」だの「中止の可能性も」だの「アスファルトが剥がれる」なんて言ってましたが、ものの見事に完成した韓国インターナショナルサーキット。

前座レースも無事終了し、F1のレースウイークを迎えました。そして結果は、決勝8万人(期間中計16万人)を集め、見事なまでに成し遂げました。

じつは、サーキットは完成したんですけど、主たるアクセスとなる橋は未完成でした。でも未完成じゃ来場者をさばき切れないから、未舗装のまま無理やり部分開通させました。あとね、宿泊施設がないのですよ。だからラブホテルまで総動員して関係者を泊めて、あふれた人々は光州に送り込みました。

サーキットはぎりぎり完成したけど、ゼネコンをサーキット完成に全力投球させたので、周辺は滅茶苦茶だったって感じです。駐車場も全然足りなかったみたいだし、2km以上遠くに停めさせられた人も多かったようです。

だけどね、初年度の鈴鹿も大変だったし、岡山国際のF1初年度は、まさに今回の韓国F1と同じ状況でした。富士のF1も滅茶苦茶でしたよね。いいんですよ、開催できたってだけで。あとは継続できるように、少しづつインフラ整備すればいいんです。

韓国では、昌原(チャンウォン)で国際F3開催してたことがあったんですが、開催反対派の市長に交代して無くなっちゃいました。私も1回行ったんですが、さすがにコースが狭すぎました。今回は、ずっと継続して欲しいと願ってます。

さあ、アジアのF1はこれでバーレーン,マレーシア,トルコ,シンガポール,中国,日本,韓国,アブダビと全19戦中8カ国となり、ヨーロッパでの開催数をついに超えました。近い将来インドも加わりそうです。完全に世界はアジア中心に回っているのです。すごい時代になりました。

どの国でもモータースポーツは国民憧れのスポーツとなってます。しかも、その人口が日本人の比じゃなく多い。まあ、数年後にはF1チームにタタ・ヒュンダイ・ジーリーなんてのがエントラント側に入っていることでしょう。

もしかするとロードレースでも九州選手権の選手達が韓国インターナショナルサーキットにスポンサー探しに行ったり、スポット参戦したりするようになるかも知れませんね。

gq1023 at 04:24│
中込空くんを救う会体調は戻りつつあるのですが…