GP-MONOの土曜決勝って何?日銀によるゼロ金利政策と円高

2010年10月06日

中央宣興(ちゅうおうせんこう)さんが自己破産

chu昨日、広告代理店の中央宣興株式会社が自己破産を申請しました。

我々の年代が大学新卒で就職活動する当時はトップ10に入る大手代理店でした。銀座のど真ん中に本社があり、しかも自社ビルでした。東南アジアにいち早く進出して、結構な注目を集めていた企業でした。ちなみに、今でも業界では20位ぐらいの大手です。

広告代理店というのは、得てしてワンマン企業が多く、中央宣興さんもワンマン企業でした。確かその昔は、自社ビルが社長の持ち物になっていて、会社が家賃を払うような仕組みになってたような記憶があります。

報道によると、負債は76億3,220万円だそうです。

私が電通西日本という会社に中途入社した97年、北海道最大手の広告代理店であった協同広告社が破産して何名かの方々が電通北海道に中途入社して、一緒に1ヶ月半の研修を受けました。

それから2年ほどした99年、萬年社(まんねんしゃ)という、大阪で1・2位を争う大手広告代理店が自己破産しました。日本最古の広告代理店でした。「広告代理店に入社して大丈夫だったのか!?」と思った事を思い出します。

今年は協同広告がつい先日の9月30日に東京の拠点以外を残して、全国の支社を一斉に閉鎖しました。昨年フジサンケイグループの広告代理店クオラスに救済買収され、子会社化された事を受けてのことかと思われます。昔、協同広告の方とおつきあいしてたんですよね。

萬年社・協同広告・中央宣興・協同広告社なんて、80年代は全部超ビッグネームですよ。う〜ん、確かに厳しい時代ではありますが、どんな会社にも優秀な人はいるでしょうから、若くて優秀な人なら、うちで採用できないのかなあ?なーんて大真面目に思ったりしております。

gq1023 at 05:35
GP-MONOの土曜決勝って何?日銀によるゼロ金利政策と円高