あのひと検索 スパイシーって月刊改め季刊ライディング

2010年09月30日

猪狩俊郎氏著「激突!」

gekitotu元検事で暴力団対策の第一人者だった猪狩俊郎氏の著作「激突!」という本が出てます。「野球場に巣くうヤクザ私設応援団が追放を免れるために打ち出した奇策とは…」なんてことが実名入りで書いてあるそうです。我々のことか、ふ〜ん。

野球場出入り禁止の内容証明郵便は、この弁護士名で我が家に届きました。ついでに12球団の球団社長名も連名になってました。さぞかし、儲かったことでしょう。悔しいー!

この作者の猪狩俊郎氏は暴力団排除の弁護士だったのですが、8月末にフィリピンで自殺したことになってます。彼にも悩みがあったのか、ふ〜ん。

大相撲の件でも「暴力団との関係はプロ野球よりも深い」なんて言ってました。「怖いこと平気で言うなー」と思っていたのですがねえ。

「本当に自殺なのか?」なんて声は、周囲の弁護士から上がってないようです。だから、やっぱり自殺なのでしょう。ふ〜ん。

「激突!」って、どうせ「オレはがんばった」みたいな自慢本だと思いますが、ちょっと読んでみるか。

gq1023 at 08:08│
あのひと検索 スパイシーって月刊改め季刊ライディング