岡山国際サーキット寒い

2010年09月25日

中国人船長釈放

当ったり前だろー!アメリカのクリントン長官が「尖閣諸島問題は日米安保の対象である」と発言したわけですよ。その次を求めるとすれば、アメリカ軍&自衛隊における警戒レベルの引き上げと各種装備の実戦配備って段階ですよ。

イージス艦を東シナ海に展開しますか!?P3C哨戒機を飛ばしますか!?一発即発って状況になりますよ。そんな覚悟って両国にありますか!?漁船ですよ。

あり得ないでしょ。たかだか漁船の船長が中国国内で「そこは中国です」って言われている所を航行していただけの話しで、アメリカ軍の警戒レベルを引き上げて、装備の配置を変更するなんて、絶対にあり得ません。

そんなこと、分からん政治家はいないのですよ。つまり、文句言っている人達は、これを政争の具にしたい人達。政争の具ならぬ「政争が愚」だと思うのは、私だけでしょうか!?

日本の外交姿勢は基本的に弱腰です。「軍隊を持たなければ誰も攻めて来ない」とか「アメリカ軍に日本を守ってもらおう」なんて調子。基本形がこうなのだから、この弱腰姿勢は一貫するべきなのです。

イスラエルみたいな小国ですら核配備してますからねえ。怖いものは怖い。長いものには巻かれる。強いものには逆らわない。我々日本人の基本的外交姿勢をちゃんと理解して、たかだか漁船の船長の話しは解決させてくださいな。

そもそも、尖閣諸島が日本のものだからって、石油の試掘も何もやって来なかったのは日本だと思うのですがねえ。「自国の領土に油田があったら掘るだろー」って他国が思うのは当たり前だと思いますが、どんなもんでっしゃろ。


gq1023 at 05:36│
岡山国際サーキット寒い