女はしつこいのだ右足親指の爪

2010年09月22日

たばこを吸うっていう努力

51SJ5YSCGVL先日インディジャパンから帰って来て、車の荷物を下ろして、一緒に行っていたもう一人の男性スタッフと打ち上げということになりました。

その彼は、たばこを吸うのですが、ちょうど昼の時間帯だったとはいえ、たばこを吸える店がない。しかも路上禁煙エリアです。そこで、近くにある餃子の王将に行きました。

ところが、そこも禁煙。結局、短時間の滞在で近くの別の店に移動することになってしまいました。

私も、10年ほど前まで喫煙してましたが、今はたばこ吸うのって大変ですねえ。先日、取引先の方が「私はたばこ吸うのですが、ものすごく吸う人と一緒にいるのはイヤなんですよね」と言ってました。吸ってる人同士の中でも遠慮や配慮が必要なようです。

私が吸ってた頃は、オフィスで喫煙なんて当たり前でした。飲食店なんて当たり前だし、駅に喫煙所なんてなかった。飛行機にだって喫煙席ありましたから、何も困らなかったのですが、どうも今は大変なようです。

必死で吸う場所を探したり、吸い殻を自分で持ち帰ったり、ガラス張りの喫煙所でバルサンみたいな煙に巻かれながら吸ったりしているのを見ると、「何のために努力して吸ってるのだろう」と思ってしまいます。

今やタクシーの運転手さんですら車内喫煙禁止です。大変な時代になりましたなあ。来月には値上げです。そして、自民党時代に「1箱500円以上にする」という方向性は決まっているので、来年にはもう1回値上げがあります。「何なら売らなきゃいーのにと」思ってしまった私なのでした。

ここまで負け組にされて、喫煙者は納得行ってるのでしょうか?不思議だ。

gq1023 at 08:18
女はしつこいのだ右足親指の爪