本を書けば良いのに女はしつこいのだ

2010年09月21日

尖閣諸島

sazanやっぱ尖閣諸島でしょ。やっぱ戦争になるなら、あそこっすよ。沖縄県石垣市尖閣諸島っす。石垣島のすぐ隣にある竹富島や西表島は竹富町なのに、なぜか尖閣諸島は石垣市っす。

緊張が高まれば高まるほど、石垣島への自衛隊配備の必要性が高まる。だから絶対に日本は中国との交渉をやらないはずです。だって配備したいんだもん。地図上の赤い場所っすよ。

この周辺では、なぜかサンゴ礁をガンガン掘削して、大型タンカーが通れる所をつくる工事が、ずーっと行われています。すでに大型クルーズ船は着岸できるのに、超大型クルーズ船を着岸させるなんてことも言ってます。

なぜ、そんな工事が必要なのか?分かりますよね。石油を石垣島に届けるためじゃないっすよ。じゃあ、どんな船が通るの!?って感じですよね。それはもちろん戦闘機とか載ってる船っす。そんな船、日本は持ってないっす。

尖閣諸島は日清戦争末期のドサクサに「石垣市だっ」て宣言した場所です。元々が微妙な地域だったので、誰も明言できなかったのですが、ほぼ日本の勝ちが確実視された段階で、日本のものにしちゃったのです。

とはいえ、アメリカによる琉球政府時代を経て、正式に日本に返還された場所でもあります。返還された昭和47年は、日中国交正常化の年でもあります。

返還前の昭和45年に、台湾政府はアメリカの石油会社に尖閣諸島周辺海域での探査権を許可していました。しかも領有権も主張していました。中国は台湾の存在自体を認めておらず、台湾自体を中国だと主張しています。困った話しです。

そもそも、昭和44年に「あそこに石油があるかも」ってなってから、みんなで取り合いするようになった場所です。ほんとうに困った問題です。

gq1023 at 08:40│ 沖縄・石垣島 
本を書けば良いのに女はしつこいのだ