朝7時のもてぎまつばらじん先生

2010年09月19日

ピット使用時間制限

penskeインディはピット使用時間に制限があって、18時半にはクルー全員が退散します。だから街に出ると、やたら関係者と出合う。しかも、着用する衣装はスポンサーカラーの物と決まっているので、街で明らかに関係者と分かる人と出合うわけです。

チームスタッフ全員にはピンズというバッヂが配られていて、街で出会った人に渡す仕組みになってる。それも、声を掛けて来た人だけに渡す。街の人々も知っているからどんどん声を掛ける。だから街全体で盛り上がるようになる。

要するにムーブメントづくりがしっかり考えられているのです。日本のモータースポーツに欠けているものを、何となく感じますよねえ。

なんで、日本のモータースポーツはヨーロピアン指向なんでしょう?私はアメリカンモータースポーツを学ぶべきだと思ってます。


朝7時のもてぎまつばらじん先生