佐藤琢磨モデル朝7時のもてぎ

2010年09月18日

アメリカンモータースポーツ

やっぱ、アメリカンモータースポーツはおもしろい。だってショーだから。モータースポーツじゃなくて、モータースポーツショーなんです。

今日1回目の走行で佐藤琢磨選手がクラッシュしました。ピットは大騒ぎ。だけど、それを1mぐらいの距離で見られるのです。なぜなら、それもショーだから。F1なんかだったらシャッター閉める所です。

テレビクルーなんて、暑いのにレーシングスーツです。全部がショーなんです。なんか全日本へのヒントをもらった気がしました。


この記事へのコメント

1. Posted by TANAKA   2010年09月19日 00:28
『レースはショー』そのとおりだと思います。

昔、メカニック時代に筑波の全日本で、スタート前チェック(コースインゲートより最終コナーよりで待機させられる。今もあったかな?)のところで、わざわざタイヤ交換した事あります。
スタ前の周りにはファンの方がたくさん居るので、楽しんでもらえるかな、と思って。
鈴鹿も、ピット裏で暖機してると、結構観に来るんですよね。
メカニックがどうやってマシンに接しているか、好きな人には気になると思うですよね。
と思って、ささやかなファンサービスをしてました。
そう言う意味では、・・・・・機会があったらゆっくりお話ししましょう。
2. Posted by Hippo   2010年09月21日 04:11
> TANAKAさん

それは素晴らしい!お客さんの前でタイヤ交換ですか。そういうことがファンを増やして行くのだと思うのですよ。とってもインディは、その点で勉強になりました。
佐藤琢磨モデル朝7時のもてぎ