一つの目的のために無報酬で集まる人々丸坊主

2010年09月12日

ポイすて禁止

poi「ポイすて禁止」と書かれたタスキをかけている人が、路上をほうきで掃いているとします。やってみると分かるのですが、そうすると「はい!」って吸いがらを渡されたりします。

「これ捨ててもらっていいですか?」なんて配慮を見せる言葉を発しながら、明らかに吸いがらではないゴミを手渡されたりもします。「イーわけねーだろ!」です。

でも、このタスキの人は「ポイ捨てが嫌い」なわけで、「ポイ捨てされるぐらいなら持ちかえります」ってオーラを発しているわけです。少なくともそう受け取る人が結構な数いるってことです。

「ちょっと考えたら分かるだろ」って感じなのですが、これキャッチコピーが悪いのです。このコピーを考えた人は「ポイすて禁止」って書いたら「たばこの吸い殻の路上捨て禁止って分かるだろう」と思ってます。そのタスキをかけている人も同じように考えてます。これを「思い込み」と言います。

「考えたら分かる」は「考えないと分からない」なのです。これが難しいポイント。「私の考えはみんなと同じ」ではないのです。

タスキには「道にゴミ捨てるなバカ!(怒)」なんて書いてあったほうが良いわけです。そのほうが分かりやすいわけです。「自分のゴミは持ちかえる!」って書かないといけないのです。

言葉はおもしろいのです。気をつけましょうね。

ちなみに、金魚すくいですくう時に使うヤツを「ポイ」と呼びますが、これを捨てるなと言ってわけでもありません。金魚すくいの所の横に書いてあって、私は密かに心の中でウケてました。密かにね。

gq1023 at 07:03
一つの目的のために無報酬で集まる人々丸坊主