富沢祥也選手が亡くなりました…「とびうお」って飛んでるの見た事あります!?

2010年09月07日

ちょっとバイクレースについて考えたい

自分の甘さというか、認識のレベルの低さというか、そんな事があって、ちょっとショックから抜けきれません。ちょっと今日はダメな感じです。

じつは先のインディアナポリスでも、ワシントン州のバンクーバーと言うオレゴン州との境目に住むPeter Lenz君という13歳のライダーが亡くなりました。あまりにもショックで、その報道の少なさというか、さみしさというか、喪失感に襲われていました。

そして今回のアクシデントです。レースで優勝しても全く報道されないのに、死んだ事だけは報道される。レースは危ないものであり、死んで初めて報道される。そんな以前から納得のいかない現実が、また繰り返されました。結果として生活者に伝わるメッセージは「レースは危ない」ってことだけです。

「命知らずのヤツラが戦っている場所、それがレース」ってのは幻想です。海水浴や登山のように毎週のように死者が出るスポーツと違い、十分に安全が確保された素晴らしいスポーツです。でも、悲しいアクシデントはおきてしまう。

それが分かっているからこそ、もう少しレース自体を報道させるように、メーカー・選手会・サーキットが努力できないのかってのが正直な気持ちです。

国内のレースなんて、世間的にはほとんど誰にも知られてない人達が、誰も知らないスポンサー名やチーム名を名乗って走ってるだけです。そしてレース結果は全く報道されませんから、全くごく一部の関係者&ファンの中でのイベントになってます。

もちろん大してお金を儲けているチームなんてありません。貧しいライダーやチームが必死になって誰にも報道されない日本最高峰のレースを戦ってる。う〜ん。「そんなものに、果たして私自身がお金や時間を投入している意味はあるのだろうか?」そんな漠然とした疑問が出てきています。

このエコの時代に、世界各国から非難されてる太平洋の天然物マグロ漁のPRを、環境に悪影響しか及ぼさないバイクレースなんてものでアピールしてます。もともと検討が必要だったのです。

いろいろ来年へ向けて動いていたのですが、ちょっと状況が変わりました。もっと、報道機関にアピールするとか、もっと選手の自己PRの舞台を用意するとか、自分自身の仕事と直結する部分で貢献できることを考え直したいと思います。

この記事へのコメント

1. Posted by ボバン   2010年10月13日 18:46
レースなんかぐるぐる回るだけじゃん。
需要ないんだよ。
サッカーを見なさい。
2. Posted by Hippo   2010年10月13日 23:51
> ボバンさん

書き込みをありがとうございました。確かにサッカーは素晴らしいスポーツですね。神戸和田岬スタジアムに日本リーグのフジタ工業vsヤンマーの試合を、釜本選手に会いたくて観に行ったのが最初でした。それから何試合サッカーの試合を見たのでしょう?

プレミアリーグもセリエAもブンデスリーガーも観に行きました。ワールドカップもフランス大会と2002年の日韓は行きました。

アメリカのNHLやMLBやNFLもそうですが、ヨーロッパのモータースポーツも、すべて各国の文化として根ざしていますよね。サッカーに至っては南米・アフリカ・ヨーロッパという広い地域で厚い競技人口を獲得しています。

どうも、日本におけるレースってのは、ヨーロッパのそれとは異なり、本当に単にグルグルコースを回っているものと認識されているようです。ヨーロッパでは、超有名サッカー選手がサインをもらいに来るほどの人気スポーツなんですけどね。

日本のサッカー界は、何十年もかけて幅と厚みを増やして来ました。そのような、気の長い努力を、モータースポーツ界が欠いたから、今の状況があるのでしょうか?両方のスポーツに永年関わった者として、自分の動き方を考え直したいと思ってます。
富沢祥也選手が亡くなりました…「とびうお」って飛んでるの見た事あります!?