多いもん勝ちじゃんけん縦割り行政

2010年08月27日

記者会見のマイク

mike最近思っていることがあるのですが、記者会見のマイク、本数少なくなってません!?

昔はマイクにも放送局や新聞社のロゴが入っていて、場所の取り合いは壮絶を極めてました。「てめーがそこにマイク置いたら、うちのが見えなくなるだろーがバカヤロー!」なんて感じで、場所の取り合いとなってました。

会社に帰ってからも、先輩に「映像(写真)見せろ!」とか言われて「お前のマイクはどれだ?」なんて聞かれるわけです。「左から2番目です」なんて言ったら「てめー、センター取れって言っただろーが!殺すぞ!」なんてことを、平気で言われてたわけです。コメントをまともに受け止めれば殺人未遂です。

もちろん今も、ぶら下がり取材(立ったままで政治家の話しを取材する)は、記者の数だけマイクが出て来ますが、どうもちゃんとした記者会見では、マイクの本数は減少しまくっているようです。取材社数が減ってるのかな?

実際にはマイク1本あれば十分です。そのマイクから、ミキサーを介して各社に音声を渡せば良いだけなのです。だからマイクが何本も立っていたら「すいません、○○通信社の○○ですが、共同取材の形でマイクとりまとめさせていただけますか?」なんて声が出たりします。

でも、我々の時代は「どうする!?」なんてコソコソやってると、ベテラン記者が「もうマイク立ってんだから、このままでいーんじゃないっすかー。」なんて発言した上で、ADに「後から来たヤツにごちゃごちゃ言われたぐらいで起こすなバカ!オレは寝てるんだよ!」なんて大きな声で叫ばれたりして、簡単にマイクをまとめることはできませんでした。

最近の記者さんはどうしたんですかねえ。カメラ位置の取り合いも少なくなってますよね。記者まで草食系になったのでしょうか?

ちなみに、海外では今もマイクの場所の取り合いは壮絶です。日本の取材陣がセンターにマイクを置いていても、平気で両サイドに押しやられます。肉食系ですから、草食系は勝てないのです。

gq1023 at 05:09│
多いもん勝ちじゃんけん縦割り行政