おばあちゃんが亡くなりました記者会見のマイク

2010年08月27日

多いもん勝ちじゃんけん

多いもん勝ちじゃんけんってのは、根回ししたら多数派が勝つようになってまして、与党最大派閥のトップが根回しをはじめたら、圧倒的多数になるようになってまして、中国のトップもアメリカのトップも、そんな名実ともに強い権力者が日本に登場することを待ってまして、ねじれ国会には何のメリットもないと経済界は思ってます。

そんな中、与党最大派閥のトップは「自民党との大連立なくして日本の未来はない」という発想を持ってるわけでして、それを福田政権の時に話しをまとめて来た人でして、それが実行に移されていれば、第1党がかわっても、日本の政権基盤はかなり安定的だったわけです。

国会の運営というのは多数決でして、それは多数決に行く前に「1問目は賛成」「2問目は賛成」「3問目は賛成」なんて形、答えは事前に決められていて、多数決の頭数として参加するってのが、国会議員の役目です。

多数決が仕事なんだから、誰が多数派かってのは事前に分かりそうなもんですが、民主党の代表選へ向けて「オレ立候補したい!」って人々が乱立しそうな雲行きです。

都知事ジュニアやガンダム&軍事ファンとかが立候補して、マンガ好きのおぼっちゃまが当選した時の○○党代表選ですな。大騒ぎしたけど密室選挙みたいな多いもん勝ちじゃんけんで決まりました。

今回も、○○党代表選は大騒ぎしてるけど密室選挙みたいな多いもん勝ちじゃんけんで決まるのですよね。

小沢さんが立候補を決めて多数派工作をして、その後で菅さんと圧倒的多数の力をみせつけながら電撃会談して、翌日の記事には「小沢立候補断念・菅支持へ!」「挙党態勢構築へ小沢決断!」「菅・鳩山・小沢体制で通常国会へ!」なんてなるわけですよね。

ここに入れなかった人達は離党か、冷や飯くらうことを覚悟するかってことになるわけです。あー、数の力で仕事してる人は怖いですわー。

gq1023 at 04:36│
おばあちゃんが亡くなりました記者会見のマイク