ロッシの代役は吉川和多留だって!?企業によるムダの強要

2010年06月28日

お店やってみなさいな!

44eb3e5c.jpg東京に来てから今まで、入ってきた社員に「お店やってみなさいな!」って言ったことが6回あります。ラーメン店・喫茶店・中古パソコンショップ・持ち帰りコロッケ店等、いろんなお店がありましたが、一度として実現してません。

それどころか、それを依頼された責任者が思考停止に陥ってしまうという事態が何度もあります。単純に指令者である私に「何をすれば良いですか?」と聞いてくるだけの人になちゃうのです。

でもね、指示出してる自分としては、それなりに勉強してるわけですよ。「何をすれば?」って聞く前に、最低限のレベルまでは勉強してもらうしかないわけです。

お題目がラーメン店だったら、とにかくラーメンを調べる。ラーメンガイド読んだり、ブログサイトを見たりして、仕事の時間以外に情報を集める。24時間店舗の仕込みはどうなってるのか?博多ラーメンと札幌ラーメンの違いは?なんてやるしかないわけです。

それも趣味でラーメン食べに行くわけじゃないから、テーマを決めて手順を決めて期限を区切って、お金が必要なら予算をもらうための稟議も取ってやる。それが仕事ってヤツなわけです。

私の所には、毎日驚くほど違う内容の課題が投げ込まれます。依頼主は病院経営だったり農業法人だったりガソリンスタンドだったり。依頼者は、みーんな経営者です。こっちも本気じゃないと、相手に失礼です。

お話しする2時間程度で相手の症状を読み取り、治療方法を決定しなければいけません。しかも、ほぼ全員「ムダにつかえるお金はない」って課題を持ってます。

うちの仕事ができるようになるためには、最低1つの事業だけでも、初期投資の必要コストと、仕入れから販売までの流れ&売上予測と、家賃・人件費・光熱費等といった事業の所要経費を理解して欲しいのですが、難しいようです。

まあ、アマゾンで検索すれば、どんな事業でもはじめられるぐらいのノウハウが売られてるんですけどね。何かを始める時は、何かを愚直にまねるしかないんですけどね。

gq1023 at 05:19│
ロッシの代役は吉川和多留だって!?企業によるムダの強要