お店やってみなさいな!安全装備ヨシ!

2010年06月28日

企業によるムダの強要

4c5fefa6.jpg自分自身はマーケティングプランナーという職業であり、売りの視点から物事を考える企業コンサルなので、毎日考えるのは「消費者にムダを強要する秘策」です。

「新しいコットンにたっぷりと美容液を…」って言うのは、コットンに美容液を浸させることができれば、必要量以上に液を使わせることができるわけです。だって、肌につけずに大半が廃棄されるわけですからね。

例えば以下のように、

化粧落としクリームの後に毛穴の汚れも落とす洗顔フォームで顔を洗い、コンディショニングの化粧水をつけてお肌を整え、油分を補うためのナイトオイリー美容液を使用しましょう。

日中は化粧崩れが気になって、油分を多く使ったスキンケアは難しいもの、だからこそ、夜のスキンケアで、肌の保湿機能を高めるために必要な水分と油分を、しっかりと補給してください。

なーんて感じでやれば、夜ケアで3〜5品目は売り込みOK。昼間も洗顔・化粧水・乳液・昼用美容液にUVリキッドファンデーションなんてやって、そこに顔に絵を描くための様々な色つき化粧品を加えると、24時間で10品目ぐらいは余裕で使わせる仕組みが構築可能です。

トマトケチャップとマスタードが同時に出てくる使い切り容器とかもそうですよね。別々でいいんだけど「まとめて使えて便利です」なんて言って、無駄を強要します。

焼肉のタレやポン酢なんてのも、まあビンから出てくる口に付いてる中蓋の穴のサイズを工夫すれば、1〜2割は多めに使わせることは簡単です。

でも最近は、仕掛人であるメーカー等の企業や広告製作者側に、こういった「ムダを強要して財布の中身を抜き取るんだ!」という強い意志を持った人が減ってる気がします。

経済の活性化ってのは、簡単に言うとムダの推進です。もっとムダに旅行に行ったり、ムダに外食したり、ムダに子供作ったり、ムダに8耐参戦&観戦したりすれば、おのずと経済は活性化します。

ぜひ新しい政府には、ムダってのを奨励してもらいたいなーって思ってます。

gq1023 at 06:12│

この記事へのコメント

1. Posted by たくポン   2010年06月28日 18:08
じゃあ、無駄に8耐の応援に行って・・・・
代わりに、無駄に感動を貰って来ます!
しかも、勝手にです・・・ハイ!
2. Posted by Hippo   2010年06月28日 22:16
> たくポンさん

無駄は世の中に幸せを与えます。人生に深みを与えます。そして財布に痛みを与えます。無駄は素晴らしいものなのです。

「世の中はお金じゃない。人生はお金じゃない。得られる感動プライスレス。」です。

年に1度、なんの因果か分からず集まるチームメンバー達と、無駄にテストして、無駄に転倒して、無駄に修復して、レースウイークには無駄に早めに鈴鹿入りして、無駄に酒を酌み交わして、そして無駄に山奥でグルグルバイクを走らせてます。

「人生で1回でもいいから、鈴鹿8耐に参戦してみたい。」って夢を、無駄にチームをつくってかなえました。そして、毎回無駄に感動の涙を流してます。8耐は感動しますねえ。トップライダーも観客もみんな一つになれる無駄の集大成です。

そして今日も、無駄に「予備の燃料タンク買っとく!?」なんて話しがおこなわれていることでしょう。今年もみんなで一つの8耐をつくっていきましょう。
お店やってみなさいな!安全装備ヨシ!