8耐エントリー台数子猫のおかげで毎朝4時

2010年06月26日

300km耐久でのモトキッズさん

84f119c0.jpg鈴鹿でモトキッズといえば知らない人はいないとまで言われる、何でも参戦&古くからずーっと参戦する有名チーム。そして、何年も8耐に連続参戦を続けるとってもスゴイチームです。

もう、ミニバイクレースでもST600でも8耐でも出ているので、ゼッケン51番は希望しちゃいけないんじゃないかというぐらいのチームなのですが、今年の300km耐久では仕掛けて来ました。

決勝レースは、ピットアウト前からウエットレース(コース上に雨がありますよ)との宣告が出ていたのですが、メインスタンド周辺には雨が見えず、各チームともドライタイヤで出て行きました。スタート進行中に、モトキッズのフロントタイヤがピットモニターに大写しになりました。

なんと、1チームだけレインタイヤなのです。これだからレースは面白い。しかも、ここはビックリするほど珍しいミシュランタイヤなので、みんな興味深々です。実況のピエール北川さんも「モトキッズだけがレインです!」と叫んでました。

そして2周のサイティングラップ(確認周回)がはじまると、雨は少しづつ強くなりはじめ、サイティング中にピットインしてレインタイヤに変更するチームが続々と出て来ました。ちなみに我々もそうでした。

そうしたら、赤旗になっちゃったのです。赤旗ってことは、ピット前パークフェルメに車体を留めて、リアスタンドを掛ける以外の作業はできません。だけど、どこのチームも平気でガチャガチャとバイクをピットに収めてます。

そしてグリッド上でも「何の赤旗?」と問題がおきていました。だって事前に「雨アリ」て分かっていて、タイヤ選択こそがレーススタート前の醍醐味だったはずなのに、この赤旗はタイヤ選択時間に猶予を与えるためのものだったからです。

結果的には、大半のチームがレインタイヤを選択してスタートしちゃったので、盛り上がりを欠きましたが、さすがベテランはこんな時は動いてくるのだなあと感じさせられるエピソードでした。

ちなみに、再スタート時の話題は大ベテラン58歳の金山和弘選手が、スリックタイヤのままスタートしたことでした。うん、やっぱベテランはスゴイ!

gq1023 at 07:45│

この記事へのコメント

1. Posted by たくポン   2010年06月26日 09:04
やはり、経験の多いチームは勝負所を知ってるんですかね?
凄いです!
因みに、カートの時
スリックでちょい濡れ
ってのが一番苦手でした!
2. Posted by gq1023   2010年06月26日 12:01
> たくポンさん

和気あいあいと楽しくレースやってると思ったら、全然そんなことなくて、「隙あらばやってヤル」って姿勢が見えたのが印象的でした。そうですよね、日本最高峰のレースですからね。
8耐エントリー台数子猫のおかげで毎朝4時