お相撲さんの合言葉「ゴッツァンです」とんだお門違い

2010年06月22日

文字を読み取る力

c3a0a076.jpgここ数十年もの間、文字を読むという機会が減り続けていたのですが、近年インターネットや携帯サイトの普及によって、多くの人々が文字を読み書きする機会が激増しています。(残念ながら携帯ゲームやってる方も多いようですが…)

そこで問われるのが「文字を読み取る力」です。何らかの記事をコピー&ペーストで作成されているブログって多いですが、その中身の信憑性を全く疑わずに書いているものも多く見られます。

でも、インターネットや携帯サイトに氾濫している情報なんてデタラメだらけ。ということは、ヘタすると自分がデマの起点になる可能性があるのです。これはダメ。

よく選挙前に出てくる「建築会社社長○○が衆議院議員○○氏に贈賄の疑い」なんて記事だって、新聞に書いてあっても信じちゃダメ。単に新聞記者が、相手陣営の候補者の同級生だったなんてのもよくある話しです。

では「文字を読み取る力」はどうやってつけるのでしょうか?人間力を高めるしかないのでしょうか?いえ、大丈夫です。単に、世の中に書かれているものは「すべてウソだ」と思って疑ってかかれば良いのです。

「東名高速でパンク修理中の男性がトラックに轢かれて死亡。トラック運転手の○○○○(42)を緊急逮捕。」なんて記事を見たら、「高速道路上では車外に出るのも禁止だろうが」「緊急で逮捕できるぐらい身元が分かってたら緊急逮捕しないでいーだろうが」なんてことを思えば良いのです。

そうすると、ちょっとづつ読み取る力がついていくはずです。だって、この写真見てくださいな、一見するとピンクビラですが、なんと警察のイベント告知ビラでした。いやー、読み取る力があって良かったー。

gq1023 at 08:37│
お相撲さんの合言葉「ゴッツァンです」とんだお門違い