8耐V2指定席券だけでも買えます文字を読み取る力

2010年06月22日

お相撲さんの合言葉「ゴッツァンです」

9d4e0dfc.jpgお相撲さんには相撲協会からちゃんと給与が支払われています。幕下なら数万円ですが、十両になると毎月100万円ほど。もちろん横綱になると、その数倍にもなりますし、優勝記念ボーナスなどもありますが、それ以外にもいろいろ「ゴッツァン」があります。

本場所中なら「勝つたびに○万円」なんて形で決まっていて、後援会員が150人で1勝ごとに1万円なら150万円が入ってきます。もちろん、あくまで均等負担分が150万円なので、各後援会員は個別にお金を渡します。

本場所前には応援パーティー、本場所終了後には千秋楽打ち上げパーティーなんてのがありますが、これらでも数十万円を超えるお金が入ってきます。

タニマチと呼ばれるファン(スポンサー!?)は、取組が終わると毎晩お出かけに連れ出すのですが、そのたびにお金を渡します。お出かけで○万円、行ったお店で○万円、出会ったお客さんから○万円なんて感じで、なんだかんだで20万円以上になるようです。

そして巡業に行くと、また地方の勧進元(かんじんもと/いわゆる興行主)が、いろんな物やお金を手渡します。そんなこんなで日本中にネットワークが構築できます。

そして引退となると断髪式となります。引退記念パーティーが延々あって、それから断髪式となります。そして、後援会が数千万円を年寄名跡(俗に言う年寄株)を手に入れるためのお金として用意して、親方になり相撲部屋を立ち上げるってことになります。そうすれば、親方襲名記念パーティーなんてことになります。

ここまで聞いて、スゲーってなりますよね。しかも、すべて領収書なんていらないお金です。合言葉は「ゴッツァン」です。それで全部OKなのです。

でも、お相撲に詳しい人は「あれっ?」って思ってますよね。はい、そのとおりです。上に書いてある金額はダミーです。最低でも10倍にして考えましょう。年寄株って噂によると1億円以上らしいっすから…。

は〜あ、オートバイのロードレースのタニマチとは、かなり金銭感覚が違いますなあ…。

gq1023 at 06:23│
8耐V2指定席券だけでも買えます文字を読み取る力