1年は52週間しかない全国知事会

2010年05月27日

発言する人と内容を決めてから行動しては…

c7cd217b.jpg「私が総理ですので私の意見が事実です」「外務大臣の私を信じてください」「私が防衛大臣ですよ」「政府の特使として来ました」「与党トップの意向をお持ちしました」「密使としての案をお持ちしました」なんてこと言って、いろんな人がアメリカ等各国を旅行しました。

そして「分かりました必ず政府に伝えます」「総理に直接伝えます」「その方向で与党内で調整いたします」なんて言って帰って来ました。

「私たちはサイパンを積極的に推していきます」「グアム移転が現実的選択」「テニアンが素晴らしい」なんてこと言って、ミクロネシア地域への旅行もやって、何の関係もない地域の人々まで巻き込みました。

事前に何の調整もしないうちに新聞に「徳之島が浮上か!?」なんてすっぱ抜かれるほど、情報も筒抜けでした。しかも、その話しを撤回せずに正面から「徳之島でお願いしたい」なんてことまで言ってのけました。

アメリカの新聞には「誰が責任者なのか分からない」「いろんな人が来るが言ってることがバラバラで信用できない」「事前調整なくトップ会談で解決させる話しではない」とまで書かれました。

何十年もに渡って、日米での調整を図って来たプロである官僚を排除。政治主導と称して初心者マークの首相や閣僚が、誰がアメリカ側のキーマンかも分からず目の前のトップだけに直談判。それで複数国に渡る協調軍事作戦が構築できると本気で思っているのでしょうか?

自衛隊官僚は国防のプロです。各省庁の官僚は、各業務を専門の仕事としてやり続けてきたプロなのです。日本を守るために、アジアの平和を守るために、専門家たちが協議して決めた案なのです。自民党が辺野古に決めたとか、そんな話しじゃないのです。

プロと話してみてはどうですか?その上で、周囲の意見を一致させた上で、外に発言する人と内容を決めてから行動してはどうですか?

gq1023 at 08:03│
1年は52週間しかない全国知事会