大トロアップ発言する人と内容を決めてから行動しては…

2010年05月27日

1年は52週間しかない

30ef34bd.gif1年とか12か月って言い方は、私達広告やイベントの世界のプロは使いません。入稿やキャンペーン開始やイベント本番まで何週間あるかってことが重要なのであって、来年とか来月なんて言い方に具体性はないからです。

マーケティングやマーチャンダイジングの世界では、52週間先までは詳細に決めておくと言うのは常識で、Yahoo!JAPANで「52週」って入れて検索してみれば、どれぐらい普通に使われているかが分かると思います。

例えば「あと1ヶ月なんて言ってたらアッという間だよ」なんてのはプロの発言ではなありません。「あと6週で休日が14日間あるから実質28日しかないぞ」なんて言い方をします。その際に、昨年の実績スケジュールと比較できるカレンダーを持っておくことも基本形です。

私の場合、ここ数年は年が明けた時点で全日本ロードレースのレースウイークと300km耐久ならびに8耐ウイークが埋まってます。これにテストを加えると、さほど重要ではない私のような立場でも12週間ぐらいがレースで埋まります。

これに町会活動や子供の運動会等をいれると約6週間が埋まり、さらに石垣島でのお祭りや打合せで10週間ほど引くと、すでに1年の半分以上は埋まってしまうのです。

あとは、空いている所に年末年始やお正月やゴールデンウイークといったイベント目白押しの時期を上手くはめて、夏のサマーソニックやフジロック等を入れると、もう使えるのは20週間を切って来ます。

この20週間が実質的なキャンペーン&イベントの仕込み期間です。その期間に32週間分のイベントを仕込まないといけないのです。

そのまでの考え方までは、ちゃんとプロなのですが、ぜんぜん間に合ってません。ちょっとスケジュール入り過ぎだな。


参考:イベントカレンダー)
http://www.elc-kikaku.co.jp/company/minievent.html
http://www.elc-kikaku.co.jp/company/52_sc.html

gq1023 at 06:08│
大トロアップ発言する人と内容を決めてから行動しては…