福島みずほ社民党党首が沖縄入り!?株式会社ペー・ジェー・セー・デー破産

2010年05月26日

サンゴレンジャー映画化!

02330281小説「サンゴレンジャー」って知ってます?環境省の自然保護官が主役の小説で、サンゴ礁を破壊して建設することが決まった石垣島での大規模橋建設計画に対し、きれい事で「サンゴを守ります。私がサンゴレンジャーになります!」なんて発言したことから、徹底的に現場とトラブルになるって話しです。

場面設定は1998年だそうで、実在するサザンゲートブリッジの話しと時期を同じくする、全くのフィクションです。

「サンゴを守れ」って言う多くの人々。そのほとんどは島の人ではありません。

自分の住んでいる所が都会のようになって欲しいと思うのは、離島部でも当たり前。だから島の若者の多くは都会に憧れ、一度は都会に引っ越し、大半は戻って来ません。開発に反対するわけがないのです。最大限自然に配慮して開発して欲しいってのが本音です。

「サンゴを守る」ってのは島の方々にとっては当たり前のこと。宣言して活動することではないのです。とくに、都会の人々が言う「サンゴを守れ」ってのは、ほぼ「放っておけ」と同義語。守ると言う名を借りた「放置」を意味してる場合が大半です。それじゃあ、自然なんて守れないわけです。

そんなことなので、毎度環境保護ってのを語った仕事をしている人々ってのは世界中でトラブルのですが、まさにこの小説は、その様々なトラブルを題材にしています。この楽しいストーリーが映画化されるそうです。

というのも「石垣黒鶏ぽーじょ」って料理屋さんで、マグロレーシングのポスターを渡しつつ、お客さんにチラシを配っていたら、そこに映画化責任者のトップ2が偶然いらっしゃったのです。なんたる偶然!

「ここにいるのがサンゴ保全の海人のトップです。自然保護官の敵です。」なんて紹介をして、もっと話せば良かったのですが、私たちはキャバクラモード全開だったので、そそくさと退散してしまいました。

でも、うちの奥さんがしっかりと交流してくれた様子で、これから、いろいろ関わりがあればいいなあと、勝手に思っております。


なお、サザンゲートブリッジは、シネマ沖縄さんで借りられる、記録映画「あの橋の彼方に(1993年/30分)」[沖縄総合事務局 石垣港工事事務所]に詳しい橋なので、ご興味があれば、そちらをどうぞ。

gq1023 at 05:59│
福島みずほ社民党党首が沖縄入り!?株式会社ペー・ジェー・セー・デー破産