海外から日本に来ている外資系企業の方アースとフマキラー

2010年04月28日

シトロエン DS3

328a3193.jpg最近はDSと言ったらニンテンドーって感じですが、その昔はDSといえばシトロエンってのが当たり前でした。

異様な宇宙船のようなフォルムにもビックリしますが、そこに付いている油圧でエアサスを遠隔操作するというサスペンション「ハイドロニューマチック・システム」ってのが自慢でした。

まあ、乗った事のある人は必ず分かると思うのですが、乗り午後地はありえないフワフワさで、ちゃんと動いている時のサスは最高のものでした。

でも、今から40年以上も前の開発ですから、さすがにエアサスは早すぎました。しかも油圧でコントロールするなんてのは、あまりにも早すぎ。だから、このサスペンションが壊れて、車高が地面に着きそうな車もたくさん走ってました。

その華麗なる歴史を持つDSの名前が、6月に新しく発売される「DS3」で再登場します。でも、今回のは普通の小型車です。この名前を付けるのに、普通の小型車だなんてビックリしたのですが、それだけ普通の車の中に、シトロエンのスピリットを詰め込んだってことなのでしょう。

すでに3月から予約受付がはじまっていて、価格が170万円からと安いこともあり、かなりの人気を集めているようです。

今、ルーフデザインコンテストってのが開催されていて、優秀デザインの方にはミニカーをくれるそうです。すごいでしょ、優秀デザインの方には賞金や車じゃなくってミニカーをくれるのです。プロである私にとっては、かなりヤル気が出て来ました。だって、賞金が出るヤツには応募できない(仕事がないと思われる)ですもん。

発売はゴールデンウイーク中の5月6日。ルーフコンテストの表彰は6月に開催となるそうです。さて、私の作品は入賞するのでしょうか?

特設サイト(おもいっきり音楽鳴りますのでご注意を!)
http://ds3.citroen.jp/

gq1023 at 07:37│
海外から日本に来ている外資系企業の方アースとフマキラー