中国車はすごいね!海外から日本に来ている外資系企業の方

2010年04月28日

株・日経平均100円アップの意味

普通のサラリーマンが、ボーナスや貯金の中から証券投資に回す額といったら、せいぜい300万円といったところでしょうか?でも、世の中には100億円を超える資金を運用している人々も山ほどいます。

例えば東京や大阪の街で、少し高い所から街を見渡してください。そこに見える無数のビルには、すべてオーナーがいるのです。

あなたが、東京・新橋の1フロア100平米の5階建て雑居ビルのオーナーだとします。1階がコンビニで、2〜4階がオフィステナントで、オーナーのあなたは5階に住んでいます。

1階部分の賃料が約80万円だとして、他の2〜4階が50万円なら毎月230万円の家賃収入があります。そしてあなたは家賃のかからない所に住んでいる。つまり、月に100万円は何も働かなくてもお小遣いが出てくるのです。

ただ、ビルオーナーってのは1つだけビルを持ってるわけじゃありません。ってことは毎月300万円なんてお小遣いのある無職の方々がいっぱいいるわけです。

別に貯金がゼロになっても暮らせるのですが、こういう方は貯金もタップリ持っている。そうすると運用って話しになります。100億円を投資している人なら1日に日経平均200円アップしたなら1日でザックリ2億円の利益。そんな日は「ちょっと儲かったので息子に高級車でも買うか」なんて感じになるわけです。

2億円ですからね、今後の値下がり局面用に1億円置いておいて、納税用に5千万円置いておくと、まあ5千万円は余ります。たった1日でですよ。

私たちのような年収1千万円にも満たない庶民が経済に与える影響は軽微です。毎日のお小遣いが2%増えた所で、1日2,000円が2,040円になる程度なので、経済浮揚効果なんてないのですが、富裕層の所得が増えると効果絶大。だから富裕層向けの所得向上策ってのが重要なのです。

「日経平均なんて興味ない」なんて言わず、自分のお金を投資してなくても自分の住んでいる国の経済を表す数字でもあるので、ちょっと興味を持ってみると面白いものですよ。

gq1023 at 06:42
中国車はすごいね!海外から日本に来ている外資系企業の方