入館届新潟の酒処越州赤坂店

2010年04月24日

データ送受信

d0cd8853.jpg「データで送りました」「あのー開かないんですが…」「では再度送信しますね」会社で社員の仕事を見ていると、そんな会話をよく目にします。

「このデータって間違いですよね?」「ごめんごめん、修正して出力するね」なんて感じで、平気で環境破壊してるのも目にします。1枚の見積書作成するのに、A4の紙を5枚も6枚もプリントしても平気なわけです。

基本的な話しになりますが、エクセルとかワードって、パソコン買ったら入っているソフトではありません。まあ一部のパソコンには最初からバンドル(最初から入っている/別名抱き合わせ販売)されているのですが、パワーポイントなんてのは、当たり前の話しですが入っていません。

常識的に考えれば「送った先にソフトがないと開かない」って分かると思うのですが、何の予告もなく平気でパワーポイントのデータを送りつける人がいます。当然、多くの人々は見れないのですが、送ってる本人はそのことにすら気づいていません。

テレビを持ってない人にテレビ欄を送っているのならまだ良いですが、テレビ欄の書かれた暗号文書を送っておいて「このデータを開くには特別な暗号表が必要です」って注意書きを書かないで送るわけですから、スパイもビックリの秘匿性です。

昔は、見積書なんて間違ったらガンヂーのミスノンで消してたのです。見積書や請求書って手書きで作成して、間違ったら修正液で消すって常識すら最近は知らない人が多いようです。

最近は、A4サイズの巨大な見積書や請求書も増えましたよね。まあウチの会社もそうなのですが、ちょっと昔はB5サイズでも大きいほうでした。今も取引先に指定伝票がある所は、A5かB6ってサイズが大半です。

うちの会社に届く見積書の90%はファックスです。しかも文書は70%近くが手書き。エクセルで見積書や請求書作成してるって事自体が、非常に特殊な事例なんです。

まあ、見積書や請求書って在庫管理ソフトで作成するのが当たり前ですもんね。どんな会社でも、見積書や請求書は出荷伝票や配送伝票と同時出力されるってのが常識ですからね。

パソコン利用者の中にワードやエクセルって普及してる割合って、どの程度だと思います?50%以上だと思っている人は全然ダメ。そんなに普及してたら、今ごろパソコンンソフト売り場がマイクロソフトコーナーで埋め尽くされてますよ。ましてやパワーポイントなんて存在すら知らない人が大半です。

基本的にはパソコンってのはインターネットを見るための端末です。だからウェブのブラウザは使ってても、パソコンソフトは元から入っていたのしか使わないって方がほとんどなのです。

当たり前のことが当たり前のように分からなくなると、どんどんアホになるので、少なくとも3の倍数の時以外はアホにならない(by世界のナベアツ)ようにしましょう。

gq1023 at 06:17│
入館届新潟の酒処越州赤坂店