4時起きブーム新党ブーム

2010年04月20日

福州市で看板強制撤去開始目前か!?

中国の福州市といえば、ウーロン茶葉で有名な福建省の省都です。明や清の時代には琉球王国との交易指定港となっており、古くから琉球地方との歴史が太い地域でもあります。

じつは国際貨物の拠点でもあり、福州港は2003年からの大規模開発によって、巨大ターミナルへと生まれ変わりつつあります。中国―台湾貿易の拠点でもあります。

そんなことで、国際的に恥ずかしくない景色を確保するため、急に違法な屋外看板を撤去するよう指示が出ました。それがですねえ、4月7日に62件が指定されたのですが、撤去猶予が10日以内。撤去しなければ、5千元〜1万元の罰金を取った上で、強制撤去という命令でした。

罰金は7万円から15万円程度ですから、大したことはないのですが、さすがに10日以内ってのはしびれますねえ。広告主への説明も、当局への言い訳もできない。とにかく指摘されたら撤去するしかありません。

江蘇省の無錫(むしゃく)市も主要幹線道路沿いの看板整理に着手しました。天津市大港区も市街区域の景観改善に乗り出してます。5月1日から上海万博ですから、いろんな所で屋外広告の規制が強化されてます。中国で屋外広告を展開されている方はご注意ください。

gq1023 at 15:15│
4時起きブーム新党ブーム