経済雑誌の売上に異変が高杉選手の慣らしはどうだったのかな?

2010年03月23日

支持率ってヤツ

民主党の支持率が落ちまくってます。幹事長ってのは「禁じ手」で有名な方です。この支持率急落が仕組まれた事だとしたら、他の政党は相当ビックリすることでしょう。でも、それが十分あるってのが、この幹事長のすごい所です。

支持率ってのは、マスコミが誘導して創り上げる人気度なんで、「ダンディ」が終わると「ギター侍」が来て「エド」になるみたいに、次々と急上昇しては急落するものです。コー!

できればスキャンダルを持ってる人を人気にして、話題をしばらく持続させた後で、ネタがなくなったら切るってのをやりたいので、変な人を担ぎあげます。つい一昨年にも「アキバ系新人類首相」なんてやってましたよね。昨年は「宇宙人首相」でした。

まあいろいろあるわけですが、今メディアが創り出している話題は「影の首相」ってヤツ。与党も首相も幹事長の言いなりになっているということになってます。でも中国とパイプの太い彼を切る勇気のある人は与党にも野党にも誰もいません。

まあ、通常国会の最中なのに幹部批判をして副幹事長を解任された人もいましたが、あれは「国会終わるまで静かにしろ!」ってことですよね。初詣の時に「金魚すくいやりたい」って言ったら親から「お参りしてから」って言われましたよね。あれです。

ただね、この幹事長って選挙の○○って言われている人なんですよ。例えば幹事長が「総理よ、5月に普天間が決着したら、6月すぐにオレのクビを切れ、新体制で一気に選挙へ雪崩れ込め」って言ってたらどうっすか?支持率グーンとアップするですよ。

でも、もう一つシナリオがあります。幹事長が首相になるってヤツです。これはメディアも攻撃止めますよ。地デジ移行の最重要期ですからね。今、政府ににらまれて公布金止められたら、既存の地上波放送局なんて吹っ飛びます。

支持率ってのは、ギリギリまで落とすのが選挙対策の基本です。森首相から小泉首相の時に見たから、みんな知ってるはずなんですけどね。

gq1023 at 06:58│
経済雑誌の売上に異変が高杉選手の慣らしはどうだったのかな?