なぜか勝負を挑んで来る女性は苦手普天間移設陸上案は無理だ

2010年03月12日

花粉症について誰もあやまらないのはなぜだ!

8b0e8309.jpg林野庁というお役所があります。昔は日本中にあった昔ながらの森をバンバン伐採させ、そこに「すぐ成長するスギ」を植えるという国策を取って来た所です。それ私たちが小学生の頃は、教科書にも載っている国策でした。

でも、不当に高い日本の木が売れていたのは、輸入禁止措置があったおかげであって、輸入解禁とともに日本の木をつかう人がほとんど皆無となってしまい、結果的には「すぐ成長するスギ」は、成長しただけになってしまいました。

それにしても、その植えた数がハンパじゃない。だって、原生林が残っているって理由で白神山地が世界遺産に登録されるぐらい、日本古来の森はなくされたのです。

そして日本中に広まったのが花粉症。当たり前ですよね、自然の生態系を壊して特定の木を植えまくったのだから、他の生態系にも影響が出るのです。

それで、2002年から林野庁では花粉の多いスギを伐採して、少ないスギ等に植え替える事業をはじめました。いいっすか「花粉の多いスギ」なんて誰にも分かんないんですよ。そんなこと、どんなお子ちゃまでも分かりますよね。つまり税金泥棒事業。

でも、いつかは結果を調査して公表する必要のある時期が来ます。そこで考えたのがデータのねつ造でした。何億円も使っておいて、データねつ造っては〜あ…。

まっすぐ伸びる綺麗な三角の木がスギです。では質問、この写真の中に何本の原生林にあった木があるでしょう。誰でも分かりますよね。何なら、思いついた時で良いので山を見てください。こんな景色を山ほど見るはずです。

しかもね、林道開発って言うのは道路開発なんです。林業振興のために林道を整備して、土のままじゃ危ないからアスファルトを敷いて、放っておくと事故がおきるので道路管理者に移管して村道,市道,県道等にして、その規格に応じた大きな道路にしちゃうってのがヤリ口。もう、出てくるのはため息ばかりって感じでしょ。

今日も朝から目が腫れまくってます。まあ、この時期は花粉の多い日はこうなるのですが、なんでこんなことで自腹で目薬買ったり、鼻セレブ買ったりしなきゃいけないのか納得がいきません。子供手当ての前に花粉手当てくれー!

gq1023 at 07:32
なぜか勝負を挑んで来る女性は苦手普天間移設陸上案は無理だ