イオンかほくチリワイン&岩塩

2010年03月05日

ハイチ・チリ・台湾

今年に入ってからハイチ・チリ・台湾と大地震が相次いでいます。ところが、それに対するメディアの反応がいまいちです。それどころか、我々のようなイベント&広告関係者も反応していません。いろんな会議に参加しても、議題にすらのぼりません。

「○○を買ってハワイに行こう!」なんてのは何十年も前のプロモーション手法です。なぜ、今でもそんな企画が平然とプロの間でプランニングされているのでしょう?

サポート100。私たちは有志社員50人の地震救援チームを組織しました。何ができるか分かりませんが、来週○○へ旅立ちます。そこでお願いがあります。私たちと共に何かをしていただける方50名に参加いただきたいのです。なぜなら、私たちの会社は私たちだけで完成しているのではなく、この社会に生きるすべての方々に支えられているからです。現地での宿舎も食事も用意されていません。帰国の日も分かりません。それでも一緒に行っていただける方、私たちにご連絡ください。

今の時代って、こういうのが企画だと思うんですよ。心に訴えるプロモーション。古くはハートtoハートプロモーションって呼ばれてました。「親子でカブト虫を捕ろうツアーに10名様ご招待」みたいなヤツです。

プロの皆さん、世界的な大事件があって、その話題を使うのに権利金が発生しないのなら企画に取り込みましょうね。

gq1023 at 08:26
イオンかほくチリワイン&岩塩