昼食の値段って本日夕刻に2010年度予算案は衆議院通過で〜す

2010年03月02日

ソウルの地下鉄

seほんの少し前、ソウルの地下鉄はひどいもんでした。2002年のワールドカップの頃でさえ、日本の地下鉄と比較すると、全然レベルは低い状態でした。汚い車両、古い駅、おびただしいほど並んだ地下店舗&脆弱な消火設備。

ところが、今は全く違います。綺麗な車両、ホームから天井まで立ちあがった落下防止&火災時煙遮断用ホームドア、駅接近情報と連動したホーム上液晶情報板、中吊り位置に設置された液晶広告パネル、最新鋭の技術が導入された最新鋭車両。

地下店舗は相変わらずですが、様々な面でアップデート化が図られて、そのレベルの高さが感じられる状況となっています。しかも、そこに導入される技術のすべてが韓国製。日本では考えられないような枠ナシ液晶ビジョンや超薄型内照式広告パネル等は、当たり前のように見掛けるまでになっています。

もちろん地下走行中だって携帯電話は使えます。当たり前ですが、どこを走っている時でも会話可能です。都会の鉄道ですから、ビジネスに必要なものを導入するのは当たり前の話しなのです。どこかのアホな国みたいに「走行中の通話はご遠慮ください」なんて言ってません。「走行中、電波入んないんだけど」なんてこともありません。

これを例にすることもないのですが、なんか日本って足踏みしている感じがするのですよ。何にも変わらない。日韓ワールドカップ開催から早や8年。何が進化したのでしょうか?ただ単に、世界中の国々に追い抜かれまくっただけのような気がします。

毎年変わる総理大臣。毎年変わる世論。その意見の大勢は「政治が変われば私たちにジャンジャンお金が降って来る」って幻想によって形成されたものです。

政治が変わったって、国民が払った金しか配れないんだから、もらえる金が増えるわけない。経営観念(経験)のない政治家が何百人も集まって井戸端会議したって、何も出るわけがない。当たり前っすよね。

あー!何かやらせてくれー!この垂れ目のオッサンなら、何か変えてやるぜー!あー日本を変えたいよー!

gq1023 at 07:57
昼食の値段って本日夕刻に2010年度予算案は衆議院通過で〜す