Hondaモータースポーツ活動エコっぽく仕上げる

2010年02月25日

スキー板

1b516bf4.jpg昨日は、久しぶりにスキー板の話しをする機会がありました。最初に買ったのは小賀坂(オガサカ)のユニティ。グレーにブルーのマークで、コアが実際の木だったので、非常にナチュラルな曲がり方をするスキーでした。

サロモンのリアエントリーブーツが出たばかりの頃で、それを買ったのですが、残念ながら後傾になってしまう代物だったので、すぐラングのブーツに買い換えました。

次に買ったのが、ニシザワのデモンストレーター。あれは鼻高々でした。シリーズの中では一番安いのを買ったのですが、ちょっと自慢できる代物でしたね。

その後はカナダに引っ越してしまい、旅行会社から支給されるスキー板を使わなければいけなくなったので、しばらくロシニョールの7M・7Sいうモーグルモデル&スラロームモデルを使ってました。

あれは確か特殊素材のコアだったので、新次元のスキーを感じさせてくれました。今ではウッドコアでも、超軽量ウッドコアとかあるんですよね。あの当時はウッドコアは、ある程度重い物でした。

チロリアだのマーカーだのってビンディングも交換してたのに、今やスキー板なんて全く興味がなくなっちゃいました。全然レンタル物でOKって感じです。

でも、久しぶりに話しをすると、やっぱり思い出しますねえ。なんとなくスキーショップに行ってみたくなりました。ヴィクトリアにでも行ってみるか!

gq1023 at 05:26│
Hondaモータースポーツ活動エコっぽく仕上げる