デスクトップ野球の「鳴り物応援」って禁止になってるの?

2010年01月29日

百貨店はなりふり構っていられない

fc0204ad.jpg阪急百貨店・京都河原町店の閉鎖(12/25閉鎖)が発表されました。確かに京都駅に伊勢丹がオープンしてから、河原町エリアの集客力は落ちたかもしれません。しかし、阪急が京都で一定のポジションを維持できたのは、百貨店の力が大きいと思うのですが、閉鎖は決定してしまいました。

前日に、西武百貨店・有楽町店が今年末での閉店を発表したばかりなのですが、何やら急速に百貨店の経営環境が悪化しているようです。

今月22日に日本百貨店協会から発表された2009年・全国百貨店既存店ベース売上高は、前年比10.1%減の6兆5,842億円でした。12年連続の前年割れであり、1965年の調査開始以来初の2ケタダウンだそうです。

でも、有楽町そごうは経営不振で閉店になりましたが、その後に入ったビックカメラは大繁盛しています。ちょっとした考え方の変更で、再浮上できる可能性があったわけです。もったいないことですよね。

百貨店のお子様ランチって子供の頃のごちそうでした。食券を買って席につくと、ウエイトレスさんが食券の半分をちぎって持っていく。そうすると、その半券は魔法にかけられて、とっても色鮮やかなお子様ランチに生まれ変わるのです。

チキンライスの上に立てられた爪楊枝の国旗を、大事に持って帰っては、お菓子の空箱に大切にしまっていた事は、今も鮮明に覚えています。屋上遊園地やペットショップなんて、最高の遊び場でした。

まだ、きっと何かやり残したことがあるはずです。閉店の前に、自分に何かできることを探したいと思っています。

gq1023 at 06:07│
デスクトップ野球の「鳴り物応援」って禁止になってるの?