スーツの裏地が破けました株価が暴落

2010年01月22日

新型インフルエンザ騒ぎはどうなった?

920d99ce.jpg長い間、大騒ぎしたあげく、その情報発信元であるWHOが「以前からあった種類のようですな」なんて結論になった新型インフルエンザ騒ぎ。日本国内でも政府が「マスクを増産せよ」とか「ワクチンを増産せよ」なんていろんな会社に依頼してました。

しかも、わざわざ輸入したワクチンは、すでに12月中旬の時点で「全部不要」ってのが分かってしまいました。有効期限は1年なので、このまま期限切れまで保管した後、産業廃棄物として捨てるしかありません。

皆さんも、人生の中で史上最高のマスク保有枚数になってませんか?うちもそうです。50枚入りパックが2箱もあります。

もっと可哀そうなのは、製造メーカーや輸入商社。「ビジネスチャンス!」とばかりに増産&輸入したら、全く売れなくなっちゃいました。今や倉庫に山積みです。日本中の薬局にも在庫が山積みです。最悪ですよね。

マスクメーカーの中には、政府から増産要請が来た時に製造中止を決定した所もあるようです。何でもブームになると、急速にブーム終わりがやってくることを知ってるからです。カラーたまごっち、H&M、キットソン、ウインドウズ7…みんなそうなんですよね。話題になるのなんて、ほんの一瞬だけです。

それにしても、政府に増産を依頼された人は、どこに怒りをぶつければ良いのでしょう?1993年にもタイ米騒動がありました。米が足りないということで、タイ政府に在庫米を緊急的に譲ってもらったのに、不人気から豚の餌やゴミとして処理した騒ぎでした。あれも、タイの人々を悲しませてましたよね。

なんでも騒ぎやブームなんてすぐ収まるのですから、メディアも政府も毎回無責任に大騒ぎしないようにしてもらいたいもんです。

gq1023 at 07:47│
スーツの裏地が破けました株価が暴落