今週はJAL倒産です間寛平師匠

2010年01月18日

小林繁氏

08e91acd.jpg「後攻の阪神タイガース、ピッチャー小林(背番号19)、キャッチャー若菜(背番号39)」

大の阪急ブレーブス&南海ホークスファンだった私が、阪神戦を見るようになった頃、巨人から移籍してきたのが小林繁氏でした。まずスターティングラインナップ発表の前に公表される先発バッテリーの発表で、ピッチャー小林の声を聞くと、なぜか心がワクワクするのを感じました。

なぜ阪神戦を見るようになったかというと、南海から江本選手が、ライオンズから竹之内・若菜・真弓の3選手が阪神に移籍したんです。そこでパ・リーグの選手がどれほどすごいのかを観に行ってたわけです。

そうしたら、小林選手が巨人から江川氏の身代わりとして放出されてきた。アンチ巨人の阪神ファンは、その小林氏に最大の賛辞を送った。何も知らない子供の私は、その大歓声に「小林はすごいピッチャーなんだ!」と思ったのでした。

それにしても、その人気はすごかった。明石家さんまさんも、最初の頃は小林繁氏のものまねがネタになっていて、それを題材にしたレコードまで出したほどです。

まだまだ活躍できると誰もが思った1983年。13勝も挙げていたのに31歳で現役引退した時は、さすがにガッカリしました。(その後の背番号を中西選手がつけたのにもっとガッカリしましたが…)

その後いろいろありましたね。近鉄コーチ辞任後に自己破産まで経験。でも不死鳥のように復活。因縁の江川氏とCMに出演したりもしてましたね。いよいよ今年から梨田監督とプロ野球1軍の舞台で活躍するはずだったのに…、残念です。

gq1023 at 05:43│
今週はJAL倒産です間寛平師匠