ヨーロッパ大寒波!ボルボが中国・ジーリーに売却!?

2009年12月24日

リバースエンジニアリング

f2c278b9.jpg自動車メーカーならどこでもやるリバースエンジニアリング。市販車を買って来て、バラバラにして、構造を調べたり、製造工程から製造原価を割り出したりします。

今、これが問題になってます。なぜなら、3次元形状データ測定器の精度が高まり、目の前に実物を置くだけで、3D図面が出来てしまうからです。これを徹底的に活用しているのが中国。もう、各種メーカーの車両をそのまま計測したような車がバンバン販売されているのです。

もちろん、技術後進国が技術立国するためにやるべきことは、精度の高い製品を愚直に真似ることからなのですが、そのままはさすがにマズイ。ウインドウズ7なんて発売前に「未来型ウインドウズ」として140円で発売されてたし、ニセiphoneやニセipodはアジアのどこの国に行っても、家電店の店頭に格安で並んでいます。

それにしても、すごい開発力と技術力ですよ。今や液晶テレビではシャープより大きな工場が中国各地に建設されてます。来年はビックリするような価格の薄型大型テレビが乱売されることでしょう。

今の中国製コピー自動車は、まだまだのレベルですが、5年もすれば追いつきますよ。しかも、これから工場を整備するわけですから工作機械は新品。怖い存在ですねえ。それにしても、あのコピー携帯電話って話せるのかなあ?

gq1023 at 06:43│
ヨーロッパ大寒波!ボルボが中国・ジーリーに売却!?