医者&弁護士なぜ商業施設のプランニングは画一的なのか?

2009年11月30日

石川遼ってスゴイね

昨日のゴルフ男子ツアー「カシオワールドオープン」の最終日で、高校生ルーキー石川遼選手が2位に入りました。とにかく出場すればトップとからむ活躍。広告の仕事をする立場から言って、こんなに価値に見合う活躍するスポーツ選手は、なかなかいませんので、とにかくスゴイとしか言えません。

まず、何よりもスゴイのがコメント。ゴルフスポンサーが喜びそうなコメントですよねえ。あんなの私が高校生の時だったら話せませんでした。

次に笑顔。イライラして誰かに当り散らすといったシーンが非常に少ない。だから安心して見ていられます。

そして最後に、他の選手を称える姿勢。これはメディアには載りませんが、記者会見では必ず上位選手の名前を出して称えていますし、少しでも力を抜くと負けてしまうと発言しています。

私が高校生の時なんて、親を騙して夜中までアルバイトしたりバイクレースやったりバンド活動やったりして、推薦入試は阪神優勝の勢いでブッチ切り、本来の大学入試もコンサートツアーで行かないというハチャメチャやってました。えらい違いです。

ただ、2位に入った石川選手を「石川完敗」なんて書くマスコミはいかがなもんでしょう?人生の中で1度も勝てない選手も多いし、今は最終戦へ向けて予選会に出場するための108選手が決まろうとしている時です。「石川大活躍」で良いじゃないですか。

プロの大会は108人しか出られません。当然海外招待選手や主催者推薦選手が入りますので、ランキング108位以下になると、予選会ですら出場できないスポーツです。だから下位選手は必死の戦いを続けています。もう少し書き方があると思うんですよね。

プロスポーツは下位があっての上位選手です。もう少し報道も、気持ちよいものとなるように変わって欲しいなあと思ってます。

gq1023 at 06:22│
医者&弁護士なぜ商業施設のプランニングは画一的なのか?