北朝鮮が元気らしいデフレ宣言

2009年11月25日

会議のやり方知ってる?

a0041144.jpg国会議員は会議のやり方を知ってるのでしょうか?多数決の時に欠席するのは戦略でも会議手法でもありません。法案の審議をやった所で、与党で賛成多数だから強行採決するってのは議会制民主主義ではありません。

そもそも与党は全員賛成で野党が全員反対というのは、多数決ではありません。各自の議員は大人なのですから、各自でしっかり意見を持って、自分なりの賛成or反対という意見を表明するのが会議です。それが議会制民主主義です。小学校で習います。

党議拘束をかけるとか、党の意見に反対を表明したら離党を強要するなんてのは、その国会議員を代表として送り込んだ国民をバカにした行為です。

昨日は、与党幹部が料亭に集まって、緊急幹部会をおこなったそうです。「ムダを徹底的に排除しろ!」と言われて各省庁と現場の議員達が必死に事業仕分けしている最中に、幹部で集まって料亭でワイワイやるなんて、あきれて物が言えないとは、まさにこの事です。

党本部も首相官邸も国会議事堂もあるのに、臨時国会中にドコで集まって何やってんだって感じです。

国会会期は30日までなのに重要法案は12もあって、それを丁寧に審議して修正して決議した上で参議院に送って法案を通過させなきゃいけないのに、集中審議はやらないのでしょうか?全部強行採決で行くのでしょうか?

私のような、そのへんのオッサンであっても翌々週のスケジュールは埋まってます。国会議員ならもっと忙しいでしょうに、審議するなら延長日程を決めるべきだし、与野党幹事長間で、会議日程と方法の調整をすべきです。

会議はまず「出席者の時間を押さえる」。その上で「何の会議かを伝える」。当然「会議に必要な資料は事前に出席者全員に渡す」。会議の「終了時間が来たら多数決か継続審議かを決める」。終わったら「議事録を作成して参加者全員に渡す」。

その場所は、料亭やゴルフ場じゃなくて「会議室」です。覚えた!?分かった!?

gq1023 at 08:48│
北朝鮮が元気らしいデフレ宣言