ベルサール秋葉原ではウインドウズ7イベント試合前&試合中にスイッチを入れる

2009年10月26日

高杉奈緒子選手エンジン焼き付き

003d8ba6.jpgあちゃー!またエンジン焼きついたそうです。それも慣らし走行中に。2サイクルエンジンは難しいのですよ。シリンダーとピストンが、また必要になってしまいました。

この2サイクルエンジン。ガソリンにエンジン潤滑油を最初から混ぜておいて、まとめてシリンダーとピストンのある燃焼室に供給し、ガソリンは発火させ、潤滑油も同時に燃焼室中に行き渡らせるという構造です。

だから、ガソリンの供給が不足していても焼き付くし、エンジン回転数が高くなりすぎても焼き付くし、ガソリンに混ぜるエンジン潤滑油が少なくても焼き付くのです。

エンジンにガソリンを注入するのはキャブレターと言う霧吹きです。そしてガソリンに火をつけるのはECUというコンピューターです。キャブレターがダメでもECUがダメでもエンジンは焼き付くし、そもそも車体のフレームがねじれていたら焼き付きます。

だけど、潤滑用エンジン油を増やすとガソリンが燃えにくくなり、ぜんぜん走らないわけで、元々セッティングが難しいエンジンです。しかも、気温と湿度によっても全然エンジンの状況は変わるし、乗り方によっても大きく変わるのです。

壊れている理由をつきとめるべきなのも分かるのですが、残念ながら彼女が参戦しているGP250クラスは今週が最後のレースです。このカテゴリーごと消滅するのです。だから時間がないし部品がない。何よりもお金が無い。

GP250最後のレースだけに「今回は参戦やめて費用は来年に回したら?」とも言えず、こんなブログを書いております。ご自宅の押入れや倉庫にRS250(NXA)のエンジンやシリンダー眠っていませんか?只今、買取強化中です。ふう〜…。

gq1023 at 08:09│ バイクレース(含む8耐) 
ベルサール秋葉原ではウインドウズ7イベント試合前&試合中にスイッチを入れる