2009年09月30日

為替介入もある

藤井財務大臣が発した「為替に積極的に介入する気はない」という発言で、市場はどの程度の円高まで容認するかのテストを実施しましたが、なんと88円で「異常事態であれば、介入はあり得る」となりました。

90円前後から2%程度しか円は上昇してませんが、藤井大臣の姿勢が明確になりました。「積極的に介入はしないが、円高は容認しない」ということです。

今日は多くの企業にとって半期末ですから、為替相場は輸出型企業にとって非常に重要な意味を持つ日です。多くの企業は1ドル=95円換算で為替を想定しているはずなので、90円でも5%以上のマイナス。88円だと7%以上となり、ほとんどの業界が赤字になる所でした。

大臣なんだから、いちいちしょーもないこと発言するなよー。

gq1023 at 08:51│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字