2009年09月29日

貸し渋り再燃必死

このブログでの予言どおり円高が進行しました。銀行貸し出しの支払いを3年間保留に出来る法案も通すようです。銀行株は急落して、平均株価は1万円を割りました。銀行は、いま中小企業にお金を貸しても返済を保留にされるわけですから、当然大企業中心の融資姿勢となります。つまり中小企業に対する貸し渋りが確実に再燃します。

中小企業といえばカッコイイですが、ほとんどが超零細企業でして、すでに公的保障枠で2千万円以上借りている会社ばかりです。金利0%で10年返済としても、月に16万円の返済ですから、返済は結構厳しいわけです。

でも中小零細企業の社長には、「借りられる時に借りれるだけ借りよう」と「借」という漢字が3つも入る感情が芽生えてしまうようです。

今「貸しますよ」といっている金融機関も態度をいきなり硬化させたようです。この先の状況によっては、次々と倒産が多発する可能性もあります。

自分の会社の有利子負債はどれぐらいで、月々の返済計画はご存知ですか?社員なら知ってよい情報ですので、取引先に迷惑をかけないためにも、できるだけ知っておきましょう。

gq1023 at 06:43│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字