2009年09月22日

早期健全化団体

izena夕張市が入ったことで話題となった「財政再生(再建)団体」ですが、ここに至る直前の団体に会計監査を入れて、できるだけ早い時期の再生を図ると言う趣旨で「早期健全化団体」というのが決められることになっています。

この団体に沖縄県からは、島尻郡に属する「座間味村・伊平屋村・伊是名村」という3つの離島を中心とする団体が入ることが内定しています。

これらの島々は、じつは琉球王国の重要な島であり、伊平屋村の中心地である伊平屋島や伊是名村の伊是名島は、琉球王統発祥の地として直轄地になっていたとの記述が歴史書にあるほどです。

で、この経済状況を打開する鍵として伊平屋村と伊是名村が共同で開発を働きかけているのが「伊平屋空港」の建設です。あちゃー、またアプローチ間違ってるぜー。

今回、早期健全化団体に入ることが予想されている団体の中に、泉佐野市というのがあります。言わずと知れた関西国際空港のお膝元。空港ができれば地域が活性化するというのが幻想であることがお分かりいただけることでしょう。

沖縄県には、なんと13も空港があります。しかも、ここには在日米軍の空港である嘉手納と普天間と伊江島空港横滑走路は含まれていません。与論空港も鹿児島県なので、この13の中には含まれていません。いくらなんでも多すぎですよね。

この「空港か新幹線さえあれば地域が活性化」って幻想を、なんとか取り除かないといけません。高速交通網が出来て活性化した地域なんてほとんどないのですからね。

gq1023 at 06:52│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字