やる気・ゲン気・イワキ!沖縄の米軍放送(AFN)

2009年08月31日

チョービン

石垣島の属する地域は沖縄県第4区。非常に厳しい選挙戦を制したのは、瑞慶覧長敏(ズケラン チョウビン)さんでした。ポスターは「チョービン」とだけ書かれていて、投票でもカタカナでチョービンとだけ書いた人が多かった事と思われます。

現職は西銘恒三郎(ニシメ コウサブロウ)さんといって、お父さんが沖縄県知事だった人で、沖縄県議会議員から2003年の衆院選ではじめて設置された沖縄県第4区で初当選した方です。国土交通大臣政務官にもなっていたのですが、落選してしまいました。こんな所まで反自民の風が吹いていたのですね?

私個人的には、こう思っています。国会議員や秘書の賃金こそ、最低賃金にするべきなんだと。間違ってるのかなあ?

gq1023 at 04:20│沖縄・石垣島 

この記事へのコメント

1. Posted by yukihiro   2009年08月31日 10:16
民主圧勝でしたね。
こうなったら自分の力じゃどうしようもないので、いち国民として協力していきます。

三児のパパとしては毎年間総額約90万円の子ども手当ての実施と、個人的には法人税率の引き下げを一日も早く実施して欲しいものです。

国会議員の人数も半減して、他へ税金を充てろって感じです。
2. Posted by gq1023   2009年08月31日 21:28
> yukihiroさん

「毎年間総額約90万円の子ども手当ての実施」を期待するってのは違いますね。今までは建設乞食や医療乞食を作って来たのが税金でした。これからは子育て乞食や介護乞食を創りましょうでは意味がないのではないでしょうか?

定額給付金で生活は楽になりましたか?国民みんなで税金泥棒やっただけでしたよね。生活全体を楽にするには経済全体が変わらないといけないのです。政治家が何かをやってくれるわけではありません。自分が何かを動かさないといけないのです。

yukihiroさんが年収10億円になる努力をすればいいんです。税金の使い道をとやかく言うのはお門違いです。雇用や活気ある経済を生み出すのは政府でも政治家でもなく国民一人一人なのです。

でもね、平和と安全や世界における円の安定化は我々ではできないですよね。そこが政治に期待しなければいけない部分です。「オレに金を恵んでくれー!」は止めましょう。
やる気・ゲン気・イワキ!沖縄の米軍放送(AFN)