神は細部に宿る新型インフルエンザ

2009年08月21日

何の事情でそのスポーツを・・・

8625557b.jpg棒高跳びや円盤投げといった競技を見るたびに思うのですが、なんでそのスポーツを選択して、なんで日本中を転戦するようになって、なんで世界に挑戦するようになったのか不思議なのです。

もちろんバドミントンや卓球やフィギュアスケートをやってる人もそうですが、とにかくスポーツを高いレベルでやるのはお金がかかる。バイクレースなんて年間1〜2千万もあれば何とかなりますが、合宿費・渡航費・参戦費・トレーナーへの契約金・レッスン料等、ハンパじゃない費用が必要です。

もちろんアマチュアスポーツですから費用は自腹。フィギュアスケートなら国内サーキットを転戦するだけで最低年間500万円以上。世界を転戦するとなると3千万円はないと、優秀なコーチは付かないのだそうです。

スポーツニュースでは「フロリダで合宿中の…」なんて言ってますが、コーチ・トレーナー等のスタッフ総勢3〜5名を引き連れて行ってるわけで、その渡航費・滞在費なんて足し上げたらえらいこっちゃです。

一つの道を極めるというのはすごいことですよね。それは分かってはいるのですが、それにしても、なんで棒高跳びなの?どこで円盤投げと出会うの?

gq1023 at 08:19│
神は細部に宿る新型インフルエンザ